沖縄県 ウォーターサーバー

ウォーターサーバー沖縄

沖縄に引っ越してきたら水があわないで困っている。という話を聞きます。
水道水を飲んだら美味しくなかった。体が痒くなった。アトピーになった。さらにひどくなるとお風呂の水も肌が荒れて水道水が使えないくらい。という方もいるくらいです。

 

私もこちらに来て数年になりますが水道水は、ほとんど飲みません。

 

もちろん沖縄の水道水が汚くて飲めないわけでは、ありません!!

 

沖縄で暮らし始めるとマンションに水のタンク(高架水槽)が屋根に上がっているのを見かけたことがあると思います。
最近では少なくなりましたが、数十年位前までは台風などで水の供給がストップしたり
小さな島国であるために水に対する意識が非常に強いからだといわれています。

 

でもこの高架水槽を経由する水道水は、本当に衛生面で大丈夫なのかな?と心配にもなります。

 

また町のいたるところで見かけるウォーターサーバーの広告や水の自販機などがあることにも気づきます。

 

沖縄の水道水は、決して飲めないわけでは、ないのですが

 

もともと沖縄で生まれた人と引っ越しして沖縄に来た人とでは、水のあう、あわないがありそうです。

 

沖縄に引っ越してきたママのほとんどがウォーターサーバーや浄水器を取り付けているのが現状です。

 

沖縄の水事情とスーパーの水の自販機

沖縄は、東京や他の県と異なり水道水を飲むことが少ないといえます。
これは水道水が飲めないというわけではなく、水を購入する世帯が多いからともいわれています。

 

ほとんどのスーパーには、それぞれが独自で設置しているボトルと水のサーバーがあり主婦(主夫)が購入しています。
ちなみにボトルは、500円前後で何回も使用可能です。
スーパーで水の自動販売機を設置している主なところは・・・
りうぼう、サンエー、ユニオン、かねひで、コープなどをはじめ薬局などにあります。
とても手軽に手に入り100円から200円程度で10リットルくらいのボトルいっぱいの水が購入できます。

 

スーパーのほかにも水を購入できるスタンドがあり
有名なところでいうと、麦飯石やアクアクララなどの代理店が多くみられます。

 

しかしスーパーや専門店で購入する際に問題となるのが水の重さです。
10リットルと言っても普通の家族が毎日使用したら数日間で使い終わってしまう水の量です。
週に10リットルもの水を何回もスーパーに購入したり専門店に入れに行くとというのは
かなりの労力を要します。
初回費用を除けばかなりコストを抑えられますがその分の負担も考えた方がいいかもしれません。

 

特に小さなお子さんがいるかたは、年配の女性には、ちょっと厳しい水の重さです。

 

そこで利用したいのが自宅まで水を配達してくれる方法です。

 

沖縄でウォーターサーバーを使用する。

沖縄でウォーターサーバーを使用する際に一番気になるのが送料では、ないでしょうか。

 

美味しいお水を手に入れたいと思っていても送料が高いとなかなか注文することが出来なくなってしまいますね。

 

 

 



 

 

どんな部屋にもスタイリッシュにみえるウォーターサーバーです。
沖縄配送が可能な水は、3種類のなかの阿蘇の水です。
気になる値段は、基本プランで1,960円/2本です。
これプラス送料で沖縄本島が200円 石垣・宮古島エリアでは、650円になります。
3年以上契約する場合は、プレミアムプランがおススメで2本1,680円プラス送料で購入することができます。2年、3年以内の解約には、解約金が発生しますので確認が必要です。

 

 

 

ミネラルウォーターの消費量が多い沖縄

四方を海で囲まれている沖縄は、実は日本で一番ミネラルウォーターの消費量が多いことでも知られています。
理由は、沖縄は島であり、サンゴなどにより堆積してできた土地のため、石灰質が多く、日本人が好む軟水より硬水が多く、そのためミネラルウォーターの消費量が多いと総務省の調査でも明らかになっています。

 

全国平均で、約2300円程度のミネラルウオーターの消費量が、
沖縄県では約4000円ほどとされている調査もあり、それだけ沖縄はミネラルウォーターの需要が高いといえます。

 

1年を通して暑い沖縄県ですから水分摂取も必要不可欠です。
さらに年に数回の台風では、今は、ほとんど断水になることは、減ってきましたがそれでも水の確保は、大切なのです。
そのためウォーターサーバーは、沖縄で暮らす上で必要なアイテムになるのです。

 

 

沖縄でウォーターサーバーを購入するときの注意点

沖縄で本土からの持ち込んだ場合に注意したいのは、送料が高くなるということです。

私も沖縄で生活をするようになってから本土で使用していたウォーターサーバーが沖縄・離島を除く。と使用できなくなってとても残念なことがありました。

 

沖縄に暮らしていたらよくあることで楽天やアマゾンの配送にも時間がかかるし、よく調べないと送料の方が高くなったりします。

 

沖縄への送料が格安なウォーターサーバーでは、プレミアムウォーターやアクアクララがいいですね。
安いもので、200円からですが高いと2000円と送料だけでかなりのコストになる場合があるので、注意が必要です。

 

さらにウォーターサーバーのメンテナンスも確認が必要です。
メンテナンスをお願いするときに沖縄にいる場合は、どうなるのか確認しておいた方がいいですね。

 

浄水器を取り入れてみる。

沖縄でウォーターサーバーを取り入れるのは、少し大変!と感じた方は、浄水器を取り付けてみるのも1つかも知れません。

 

浄水器レンタルシステム

 

 

浄水器をレンタルする方法。かかる費用は、初回費用と毎月のレンタル料だけで「安心」「安全」の有害成分を除去した飲み水が手に入ります。

 

 

クリンスイのレンタル浄水器が税・送料込で1000円

 

沖縄での水事情は、本土と違って独特です。なかには、沖縄の水が合わない人もいることも現状です。
毎日、口にするものですから体にとって安全なものがいいですね。